建築士会CPD制度について

 (公社)新潟県建築士会では、(公社)日本建築士会連合会が提起した「CPD・専攻建築士制度」に基づき、2002年11月より制度をスタートいたしました。
各行政機関の入札等において、CPD実績の活用が進んでいます。
工事入札や入札参加資格審査等活用の用途と、CPD実績に対する加点の扱いは各行政機関で異なりますが、概ね建築士会等のCPD実績証明書が必要となります。

※建築CPD運営会議発行の建築CPD実績証明書が必要な方は(公財)建築技術教育普及センターのサイトをご覧ください。
 

建築士会CPD制度に参加するには

【1】参加登録方法
建築士会CPD制度に参加を希望する建築士等は、建築士会で所定の手続と所定の費用を納めて参加登録をします。 ⇒申込方法

【2】建築士会CPD単位の取得方法
1)講習会等に参加した場合
  • 本会主催の場合、建築士会が別途データを作成して登録します。
  • 講習会受講申込時に予め「CPD番号(17で始まる11桁の番号)または建築士登録番号と氏名」の記入を求める場合があります。この場合は、講習会等主催団体(プロバイダー)が受講申込名簿から当日の欠席者を除いて出席者リストを作成し、後日、建築士会がサーバーに登録します。
  • 当日、会場に用意された手書き記入用名簿にCPD番号(17で始まる11桁の番号)又は建築士登録番号とカナ氏名を記入してください。なお、手書き記入に誤りがあった場合には、データ登録はできませんので、正確に記入してください。

お し ら せ
 
  1. 講習会等の講師の場合
    建築士会認定プログラムである講習会等の講師としての活動をCPD単位とする場合、プロバイダーが出席者リストの講師欄にCPD番号とカナ氏名を記入します。
     
  2. 認定教材の場合
    連載講座等の認定教材の履修登録は、教材で学習後に誌上に掲載される設問への解答をCPD参加者がネット上の専用画面
    (建築士会CPDシステム・参加者用画面)で入力し、正解の場合に建築士会(事務局)がCPD単位として登録します。
    システムの使用には、所定のURLからシステムにログインして行います。(※システムの利用方法は「利用マニュアルを参照ください」)
     
  3. 取得単位の確認方法
    建築士会CPDシステム・参加者用画面にログインして確認ができます。


【3】他団体CPD制度とのデータの交換
 本会とCPD制度で連携し、概ね同じ認定基準でCPDを行い、ほぼ同仕様のシステムを運用しているJIA(日本建築家協会)等とはデータの交換が可能となります。したがって、建築士会で認定した研修プログラムの出席データは、JIAへも自動的に提出され、一方、JIA等の認定プログラムに出席した場合も、それらの団体から建築士会へ出席データが送られ、建築士会に登録されます。
また、希望により、建築CPD情報提供制度(事務局:(財)建築技術教育普及センター)へもCPD履歴データを送り、同制度を活用することも可能です。


「表 建築士会CPD制度に登録できるCPD単位」
  CPD単位登録先
参加プログラム 建築士会
JIA
情報提供制度
JIA認定プログラム ○(自習・良い会を除く) ○(法定講習・認定教材を除く)
情報提供制度認定プログラム

新潟県建築士会での参加登録申込方法

  1. 参加登録申込先
    公益社団法人 新潟県建築士会
     
  2. 参加申込書
    本会で定める申込書に必要事項を記入の上、所定の費用を添えてお申込みください。


     
  3. 費用(税別)
    1)初期登録費
     サーバーに個人履歴を蓄積可能とするための設定費です。参加初年度に限りかかる費用です。
     会員 1,000円(初回のみ)   非会員 3,000円(初回のみ・CPDカード代含)

    2)データ登録・管理費
     研修プログラムの出席データの登録およびそれらの履歴を適正に管理するための費用です。毎年度1回必要となります。
     会員 1,000円/年   非会員 3,000円/年

    3)CPD実績証明書発行費
    個人履歴に基づき、証明書の交付を受けるための費用です。
    会員 500円/1通   非会員 1,000円/1通  
    *提出先によって異なる場合がありますので電話等でお問合せください。

    ※建築CPD運営会議発行の建築CPD実績証明書が必要な方は(公財)建築技術教育普及センターのサイトをご覧ください。

    4)プログラム認定費(事後申請データ登録費用)
    CPDプログラムの認定は、事前認定が原則ですが、特例として建築士会が認める場合に、個人の申告によりCPD単位を申請し、単位認定を受けるための費用です。
    会員 500円(税別)/1申請(1プログラム)   非会員 1,500円(税別)/1申請(1プログラム)

    その他参考資料
    ・主な料金一覧(税込) 令和1.10.1以降
区分 初期登録費 データ管理料 プログラム認定費 証明書発行費
会員 1,100円 1,100円 550円 550円
非会員 3,300円 3,300円 1,650円 1,100円

建設系CPDプログラム:CPD単位の相互承認について

建設系CPD協議会